初福島

福島のコートに初めて行ってまいりました。
櫻井です。

数年前に負けた相手に予選で対戦しそうでしたので、日帰りのつもりで挑んだのが功を奏したのでしょうか。
久しぶりに3位入賞して帰ってきました。

本戦のドローが変更になり、予選を突破すれば、対戦相手はラッキールーザーという、普通だったら垂涎もののポジションでしたが、そんな条件のときにはことごとく取りこぼしてきたわたくしでしたので、本気で宿も取らずに一戦一戦をこなしたのが良かったようです。

どうせまた負けるんだろうなぁという、負のエネルギー満タンの謙虚さで挑んだら、久しぶりにサーブの女神がコートに舞い降りてきました。良く跳ねるコートではこの女神にはお会いできないので、少なくともこの季節の福島のコートは、私にとってはいいコート♪

女神のおかげで、二日目に残れることが確定し、慌てて宿を確保して、慌てて大型犬2頭の最低限の世話を息子に電話で託し、慌ててコインランドリーで試合着やらパンツやらを洗い、慌ててコンタクトレンズの保存液をゲットし終わったら、本当に久しぶりの主婦業フリーナイトの始まりです。
いやぁ、飲んで帰ったあとに、家のことを気にしなくていいって、本当にいいですねっ!
一応、翌日に試合を控えてるので、焼き鳥屋で2杯、カラオケ屋で1杯で我慢しましたが、中野コーチと、盛岡のS藤選手と、同年代でのカラオケは大盛り上がりしました。
中野コーチはちょっと体調が悪かったのですが、久しぶりずくめで盛り上がってる私に付き合って、さらに盛り上げる役をしてくれましたよ。二人とも歌がうまくて、楽しかったー。延長したーっ。

と、ここまではとても良かったのですが、盛り上がりの割にアルコールをセーブしすぎたせいか、試合前の緊張のせいか、一睡もできなかったというのが大袈裟でないほど眠れませんでした…。

悔しいので、せめてドーピングしてやろうと、ユンケルをセブンイレブンで買ったら、くじを引けといわれ、くじを引いたらゼナが当たるという、わけのわからない幸運の朝。まだまだ福島滞在の運は残っているようです。

ノックアップ中にあくびが出まくるというしょうもない初体験をし、もう無の境地で準決勝を戦っていたら、絶対にゲームなんか取れないと思ってた相手からゲームを取れました。ここで、福島の運は使い果たしたのに、もしかしてチャンスはあるかもと色気を出したら、さっきまで影が見えていたサーブの女神がきれいさっぱりいなくなり、甘いサーブはぶっ叩かれまくるという展開で、あれよあれよという間に点を取られて終わりました…。でも、楽しかった~。

全日本前最後の試合としては上出来!ということで、全日本のドローはちょっと残念な感じなのですが、今年はちょっとだけ(今さら)身体作りをして、やれることだけはやろうかと思っています。

最後に、全然脈絡もなく、中野コーチとのラブラブショット。
この缶酎ハイを飲み切れてなかったので、やっぱり体調が悪いのねと再確認された中野コーチでした~。