アジア選手権団体戦

5/11〜15に台湾の台北にて第18回アジア選手権団体戦が開かれていました。自分はコーチとして帯同してきたのですが、今回は選手が非常に頑張り男女両チーム共に3位入賞という素晴らしい成績を残すことができました。女子は前回大会(2年に1回開催)も3位でしたが、これを続けるということは簡単なことではないと思います。また、男子の3位というのは、アジア選手権というステージにおいては快挙とも言える成績であり、日本のスカッシュのレベルが確実に上がってきていることを証明してくれた結果であると思っています。また、これを成し遂げた選手達を誇らしく感じていますし、今回の日本チームのチームとして力も頼もしく思えました。

あと、これはオマケのようなものですが、アジア連盟より個人的にDevelopmet Coach of The Yearというアワードをいただくことができました。これは、2015年にジュニア育成において良い成績を残したコーチが貰える賞になるのですが、これも選手の頑張りが出した結果であり、また日本スカッシュ協会として取り組みが評価されたものであると捉えています。

それでも、今回のアジア選手権での成績とこのアワードは素直に嬉しく感じています。これをステップに更に上を目指して挑戦し続けていきたいと思っています。

image